【美容・マッサージの実態調査】夏直前!ボディが気になる季節「6月」《 エステ・マッサージにお金をかける割合が増える!》が約 5 割 〜 ボーナス月でも、美容にかけるトータル予算は据え置き 〜

サロンの直前予約「Popcorn(ポップコーン)」を運営するクービック株式会社は、Popcornを利用している男女 129 名を対象に、美容※・マッサージに関するアンケート調査を実施しました。※Popcorn 利用者調べ(美容サロンとはまつげエクステ、ネイルを含みます)

調査の結果、季節の変わり目、梅雨、紫外線、薄着の季節である 6 月に約 5 割の 46.5% がエステ・マッサージにお金がかかると回答しました。

また、ボーナスの季節でも「美容・マッサージにかける予算は上がらない」との回答が 8 割以上の 82.9% という結果になった。理由は、「ボーナスがない」が最多で、その他にも「ボーナス関係なく定期的にメンテナンスをしている」、「予算を決めている」などという回答がありました。

このことから、ボーナス月であっても月々の予算は変えず、限られた予算の中で季節に応じてケアにかけるお金の割合を変えていることがわかります。6 月は本格的な夏の到来前であることから、ダイエット目的のケアや、季節の変わり目且つゴールデンウィーク後の仕事の疲れなどもあり、エステやマッサージにかけるお金の割合が増える傾向があるという結果になりました。

【2017 年 美容・マッサージのアンケート調査結果概要】
・エステ・マッサージにお金がかかるが 46.5% で最多
・エステ・マッサージにお金がかかる理由は「痩せたい」、「むくみやすい」、「疲れやすい」、「美白のため」など
・ボーナスの季節 6 月!普段の月より美容・マッサージにかける予算は上がらない
—–
・調査期間 : 2017 年 6/1(木) 0:00 ~ 2017年 6/7(水) 23:59
・調査対象 : Popcornを利用している 129名

 

【調査結果詳細】

6 月は、エステ・マッサージにお金がかかるが46.5%と最多になった。続いて、美容院が 24.1%、普段の月と変わらないが 16.3% となった。

理由としては、「痩せたい」、「むくみやすい」など薄着の季節に向けて露出が増えることや、季節の変わり目などで「疲れやすい」こと、また、紫外線で受けたダメージをケアする「美白のため」、「しみケア」などが目立った。

ボーナスの季節である 6 月だが 82.9% が普段の月と美容・マッサージにかけるトータルの予算は変わらないという結果になった。

理由としては、「ボーナスがない」が最も多く、「ボーナスは貯金する」、「毎月の美容代を決めている」などの意見もあった。