内側から利益を削る「ムリ・ムダ・ムラ」。 スタッフ管理コストを今すぐチェック!

あなたはきっと、効率良くお店を運営して利益を上げるにはどうすればいいか?日々、考えている経営熱心な方でしょう。
しかし、もしかしたら今、なぜか思うように利益が上がらず、困っているかもしれません。

お客様はそれなりに来てくださっているのに、お店の利益が上がらない、、、。
そのような状況が続いているなら、一度「内側の問題」がないか、疑ってみた方が良いかもしれません。

 

内側から利益を削っていく「ムリ・ムダ・ムラ」

個人経営のお店に関わらずですが、ビジネスで内部の問題を疑う際は、「ムリ・ムダ・ムラ」の3つがないか、確認することになります。それぞれ、どういう意味でしょうか?

 
・ムリ・・・負担がかかり過ぎてショート寸前の部分です。
パニックやミスを誘発し、損失を出します。最悪、あなたかスタッフの健康に問題が起きてしまいます。お客様にも満足いく接客ができず、リピート率も下がってしまうでしょう。
例)スタッフのスキルと人数に対して、お客様が多すぎて対応できない。

 
・ムダ・・・投入した手間ヒマに対して見返りが少なすぎる部分です。
時間やお金がマイナスになり続けます。
例)効果が薄いまま続ける店頭でのチラシ配りや、内部のトラブル対応。

 
・ムラ・・・状況によって一定せず、予測がつきにくい部分です。
状況や人によってルールがまちまちになり、混乱をきたします。
例)伝達事項やスタッフ管理のシステムが確立しておらず、人によってバラバラ。

この「ムリ・ムダ・ムラ」の3つを無くしていくことによって、売上向上に繋がらないコストを削減し、効率良く利益を上げていくことができるようになります。

 

まずは、コストの半分を占める「総人件費」の見直しから!

大小問わずお店のムリ・ムダ・ムラを洗い出してみると、意外にたくさんあることに驚くかもしれません。ここで優先順位を付けず、手当たり次第に解消しようとすると、余計にムリ・ムダ・ムラができます。

美容室やリラクゼーションサロン、ネイルサロンといったサービス業であれば、まずスタッフにかかる「総人件費」から見直すことをオススメします。理由は、サービス業では、この「総人件費」がコストの半分を占めるという統計が出ているためです。ムリ・ムダ・ムラもここに発生しやすい傾向にあります。

総人件費とは、スタッフに払う給料だけではなく、スタッフを管理するコストも含んでいます。スタッフのシフト管理、お客様からの指名とスタッフの出勤管理、スタッフへの連絡。そして給与計算、事務手続きなど、実は大きなコストをかけてしまっている経営者は多いようです。

一度、その内部調整にかけるお金、そして時間と労力を見直してみて下さい。

もし、そのコストが大きいようでしたら、クービックのプレミアムプランを検討してはいかがでしょうか?

スタッフごとのスケジュール状況や、同時対応可能数、対応可能メニューなど柔軟な設定に対応することができ、クービックのシステムが自動的に予約状況に合わせて空き枠を管理することができるので、ムリ・ムダ・ムラを簡単に解消することができます!

コストの削減は、一見複雑で、なかなか改善しがたい課題のように思えますが、このように、システムを使ってお手軽に解決できることも沢山あります。

コストの削減、スタッフ管理についてお悩みのことがあれば、ぜひクービックサポートチームまでお問い合わせください。

ご参考に、実際の予約ページのサンプルをご確認ください

 

まとめ

スタッフの調整を無駄なくシンプルに、スムーズにすることで、お金、時間、手間を大きく節約できます。そして結果的に、収益アップも達成することができるようになるでしょう。

クービック編集部
ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。