お客様とのベストな距離感を維持。メール施策の最適な「頻度とタイミング」とは

あなたは「お客様にメールを配信してお知らせを送ろう!」そう意気込んで、試しにメールを書こうとしたことはありませんか? もしくは、実際にもうメールを配信しているかもしれません。

今では多くのお店や企業がお客様にメルマガやキャンペーン告知メールを配信しています。しかし「配信の頻度とタイミングを見誤る」というありがちなミスのせいで、逆効果になっているメールは多いようです。間違いを犯さず、ベストな頻度とタイミングでメールを配信するにはどうすればいいのでしょうか?

 

ベストな頻度は、週に1通

メール配信の頻度は業種によりますが、美容院やエステ、マッサージ店の場合は週に1通程度がちょうど良いでしょう。来店頻度が週に1回~月に1回だと考えられるためです。

来店して欲しい気持ちが強すぎて、毎日のように配信してしまうと、うっとうしがられて最悪、受信拒否や登録解除されてしまうので注意です。

メールマガジンに関する意識調査』によると、メルマガを解除した理由トップ2が「興味のない広告宣伝が多い」「配信頻度が多すぎる」と一方的な配信に嫌気がさしたからという結果になっています。週に1通、決まった曜日に送る程度にしておくのが無難でしょう。

 

ベストなタイミングは「送る理由がある時」

では、次にいつ送るかという、配信タイミングを決めます。
これは「送る理由がある時」つまり、キャンペーンや新商品の告知をお知らせする時などです。可能であればお客様一人一人に最適化されたタイミングでメール配信ができると高い効果が期待できますね。

例えば、、、

・商品やサービスの効果が切れる頃合いを見計らっての「そろそろ、またいかがですか?」メール

・季節の代わり目に送る「今期のオススメメール」

・期間限定キャンペーンメール

・クリスマスやバレンタインといったイベント直前など、お店のサービスが必要とされそうな時期に送る「イベント前メール」

この4種類のメールであれば、「一方的に売り込まれている」感覚に陥ることなく、受け入れられるでしょう。

先述の『メールマガジンに関する意識調査』には、読みたいと思うメールとして「キャンペーン情報」「クーポン割引情報」が2トップに来ています。内容が特に無い日記や雑談のようなメールは読みたいと思わせることができないので「お客様にとって有益な情報」をメール配信するということは、まずは心掛けてください。

(来店前後の「お待ちしております」「ご来店ありがとうございました」メールもその都度、送ることで、機械的な印象にならずに好感を持ってもらえるでしょう。お得情報ではない例外的なものですが、このようなパーソナルなメールも織り交ぜることで、リピート率アップに繋がります)

 

まとめ

ベストなメール配信について、まとめると「お得情報を、週1通程度」がちょうど良いということになります。

あなたに負担のない範囲で、お客様と最適な距離感を保ち、リピート率をアップしていけるよう、メールを上手く使いこなしましょう。

クービックの予約システムでは、お客様の予約日程(予約日時や、来店日時)のデータを元に「自動で」メール配信をすることができます。あらかじめベストな頻度とタイミングでメール配信を設計できるので、一度設定してしまえば、あとは手がかかりません。

まずは、プレミアムプランを14日間無料でお試ししてみてはいかがですか?
https://coubic.com/subscriptions
設定方法等でお悩みのことがあれば、サポートチームが丁寧に対応させていただきます。

クービック編集部
ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。