【ヨガの独立・開業】ヨガインストラクターになるには!?資格や適正、年齢制限は?

漠然と「ヨガインストラクターになりたい」と思い立ち、調べてみると資格を取ればヨガインストラクターを名乗れることがわかった。だけど「自分がヨガインストラクターになる適正があるのだろうか」と悩んでいる。
そんな状況の方は多いのでは?
事実、ヤフーなどのネット掲示板では「○○ですが、こんな私でもヨガインストラクターになれるでしょうか?」という質問が多数寄せられています。
そこで、私が実際に見てきた事例を紹介しますので、疑問を解消していきましょう。

ヨガインストラクターに年齢制限はありますか?

特に多い質問が年齢に関してです。まだ 20 歳そこそこで、ヨガ業界に入るには若すぎではないか。あるいは 50 代では厳しいのではないかという心配です。
心配いりません。年齢に応じた働き方、活動の方法があります。けして年齢を「やらない言い訳」にしないことです。あなたがヨガをできるのであれば、教えることができます。
私は 20 歳でヨガインストラクターとしてデビューしましたし、高校卒業直前に資格を取り、私よりも若くしてデビューしたインストラクターが後輩にいます。若いことは問題にはなりません。
逆に、50 代からヨガインストラクターになった人がいます。しかも男性です。普通に考えると、「50 代のおじさんが若い女性相手にヨガなんて教えられるわけがない!」と思われるでしょう。
しかし彼は社会人としての経験を活かし、人脈を活かしてアドバイスを得ました。そして男性でありながら何人もの参加者を集めてイベントを成功させました。
さらに高齢な事例だと 70 代でヨガインストラクターになったという人が海外にいます。同年代の人を集めてサークル活動のようにヨガを教えています。やらない言い訳を年齢のせいにしないようにしましょう。

ヨガ歴は関係しますか? 10 年くらい必要でしょうか?

これもよく聞かれますが、ヨガ歴は関係ありません。10 年やっていても教える状態にいない人(教える必要がない人)もいますし、1 年目でも教える準備が出来ている人もいます。
前回の記事でも書きましたが、あなたのヨガの先生が「あなたなら大丈夫」と太鼓判を押してくれるのなら、なにも問題はないでしょう。

怪我の影響でできないポーズがあるのですが・・・

ヨガインストラクターは数多くのポーズを教科書通りに行えて、かつポーズをとりながら説明ができる人・・・という誤解があります。例えば膝の靱帯を痛めてしまい、いくつかのポーズがとれなくなった先生がいます。その先生は、怪我をしているからこそ「怪我をしない、させない」ヨガクラスにこだわり、多くの生徒から支持されました。
私も腰痛になりやす体でして、特定のポーズを行おうとするとギックリ腰になります。だからこそ、体を労わるやさしいヨガを教えることができるようになりました。
「できないポーズがあることは、武器に変えられる」と捉えましょう。

ヨガをやっているのに体が硬い・・・

ヨガを続けていても体が硬いという人がいます。これも前の見出しでお伝えしたこととかぶりますが、先生の体が硬いことで救われる生徒がいます。生徒の中には「ヨガをやるには体が柔らかくなくちゃいけない」と誤解している人が大勢います。
先生がすごいポーズをとらないことで生徒は安心する
先生がゴム人形のようなポーズを取ると「私にはとてもできない」と劣等感を抱きます。しかし、多くの人に開かれたポーズを見せれば「よかった、私にもできる・・・」と安心感を抱きます。
逆に体が柔らかすぎる、どんなポーズも取れる
すでに体が柔らかくてどんなポーズも取れるというのなら、教えるポーズは誰にでも開かれたものにすればいいんです。私はハンドスタンド(倒立)しながら足を絡めたり、180 度開脚がなんなくできますが、指導の現場では「手を上げて、下げる」とか「膝を伸ばす、曲げる」くらい極端にシンプルでやさしいものにしています。おかげで、70 代の方からも好評を得ています。
もちろん、ニーズがあればすごいポーズを指導することもあります。が、滅多にありません(笑)

人見知りしやすくて、大勢の前に立てるか不安・・・

「ヨガインストラクター=ヨガスタジオで大勢を相手に教える仕事」という公式は過去のものです。いまやヨガは個人レッスン(パーソナルレッスン)を始め、さまざまな形態で教えられる時代です。フィットネスの現場でもパーソナルトレーニングやオンラインレッスンが盛んになっていることからも、おわかりになるかと思います。
とはいえ、やらなきゃいけないときもあるでしょう。大勢の前に立つのは誰でも緊張します。それならば早い段階から個人レッスン活動を始め、2人3人と徐々にハードルを上げていきます。初レッスンが 30 人相手とか、そんなことにならないように・・・いきなり 30 人を相手に教えようというのは、練習もせずサッカーの試合に臨むようなものです。
(私は初レッスンが 30 人相手という経験をしてしまいましたが、どうかあなたはそうならないように・・・)

ビジネス的なことや、予約管理が難しそう・・・

社会人経験が長かったり、独立開業した整体師や鍼灸師のような人ならともかく、ビジネス経験が少ない状態ではなにから手をつければいいのかわかりませんよね。クービックノート(当サイト)には開業、運営のノウハウが多数掲載されています。手前味噌ですが、ぜひ参考にしてみてください。私も、わからないことがあったら他のライターさんが書かれた記事を読んで勉強させてもらっています(笑)
SNSの活用方法、予約管理の方法、独立開業に関する知識等・・・覚えることはたくさんありますが、時間をかけて勉強していきましょう。ヨガインストラクターに限った話ではありませんが、わからないことがあれば、その都度勉強すれば大丈夫です。

ヨガインストラクターの独立開業エピソードとしておすすめしたい記事があります。雰囲気をつかむのに、ちょうどいいと思われるので読んでみてください。
http://blog.coubic.com/interview/natsuyoga/
必ずしも起業する必要はありませんし、組織の中でヨガを教えるほうが合う人もいます。会社員をやりつつ、ゆっくり活動を広げるのも一つの手法です。自分に合った活動方針を探していきましょう!

まとめ

ヨガインストラクターになるために必要な適正試験や、テストは特にありません。あなたの熱意と、考え方次第です。「こんな私ではなれませんよね?」の、「こんな」の部分が思いもよらない武器に変わることがあります。どうか自信をもって進み出してください!

柏原ゆうた(かしわばらゆうた)
1991年10月4日生まれ 長野県大町市出身
大学在学中に解剖学、運動生理学、運動指導などを学ぶ。10歳でヨガに出会い、20歳のときにヨガ講師として活動を開始。誰にでも開かれた心優しいヨガの手法「ハートオブヨガ」を草の根レベルで伝えることをミッションにしている。動く​呼吸法の講座『呼吸は良薬』主宰。​

ABOUTこの記事をかいた人

柏原ゆうた(かしわばらゆうた)

1991年10月4日生まれ 長野県大町市出身 大学在学中に解剖学、運動生理学、運動指導などを学ぶ。10歳でヨガに出会い、20歳のときにヨガ講師として活動を開始。誰にでも開かれた心優しいヨガの手法「ハートオブヨガ」を草の根レベルで伝えることをミッションにしている。動く​呼吸法の講座『呼吸は良薬』主宰。​