予約が入りやすくなる「予約ページ作成」の3つのポイント【月間300以上のお客様と接しているCSチームが紹介】

どうもこんにちは!カスタマーサクセスチーム(CSチーム)のたけるです。
前回の記事で「また来週!」っと言ったにも関わらず1週間以上空いてしまいました・・・
ただ「明日でいいや」となると永遠に記事を書かない気がしたので、自分に気合いを入れて執筆します。

さて、前回はCoubicで予約が入りやすくなる項目の一つとして「口コミ」をご紹介しましたが第2回は「予約ページ」の作り方についてです。
どのようなことを意識してページを作ればいいのか、3つのポイントをご紹介します。

まずは3つのポイントを紹介する前に、ページ作成をする際の前提と考えて欲しいことをご紹介します。

前提:あなたのことを新規顧客は全く知らない

検索エンジンからあなたのページにたどり着いた多くの新規お客様候補は、残念ですがあなたのお店のことを全く知りません。現在Coubicをご利用いただいているお客様も、契約前からCoubicのことを知っていた人はあまり多くないと思いますがそれと一緒です。(悲しいですが・・・)
TVCMをしていたり、雑誌で特集されていたりする場合などは別ですが、多くのお客様は検索時点では何の情報も持っていないのです。
ただ、逆に言うと情報がないが気になっているからこそ、あなたのページにたどり着いたのです。なのでアクセスされた時点でお客様に「お店のことを知ってもらう」ことができれば予約が入る確率が一気に上がります。
新規顧客獲得のために予約ページを作る際は「お店のことを新規顧客は全く知らない」ということを前提に考える癖をつけておくととても良いです。
ちょっと刺激的なタイトルですが、皆様に意識をしていただきたかったので刺激的なタイトルにさせていただきました。

考えてみよう:お客さんの行動をイメージしよう

では、お店のことを知らない人にどのような情報を与えてあげれば効果的なのでしょうか?
今回は、10月から転勤で東京に出てきた山田さんが「五反田で子供と一緒にテニスを始めてみたい」と思い、体験教室を申し込むまでの流れを追って見ましょう。

さて、まず山田さんが取る行動は何でしょう?
恐らくPCやスマホで「五反田 テニス 親子」などと検索をします。すると、五反田のテニス教室がいくつも検索結果に表示をされますね。
次に、山田さんが取る行動はどのような行動でしょうか?
上から順もしくはレビューの評価が高い順に、様々なページを見ていき、気になる教室を探していきます。

最初に山田さんは、検索結果の上位にあった以下のページを閲覧します。

山田さんは上記のページを見て写真から「コートが2面あること」や、「自分子供が対象年齢であること」を確認し、更に「コーチが有名なコーチであること」、「体験を申し込むと、入会金が無料になること」を魅力に感じました。

しかし、まだ1つの教室しか見ていないので、他のページも見ようと一旦検索結果に戻り、次の教室のページを確認します。

山田さんはページを見て「?」が頭に浮かびます。「写真がないけど綺麗な教室なのかな?」、「小学1年生が参加しても迷惑じゃないかな?」、「コーチはどんな人なんだろう」などなど。
そしてこう思います。「よく分からないから別の教室を見よう」と。
これでは、せっかく予約ページをお客様が見ているのにもったいないですよね・・・

やってみよう:記入すべき3つのポイント【最低限これを書くべし!】

お客様の流れをイメージすると、予約ページに書けばいいことがなんとなく分かってきました。そうはいっても具体的にどうすればいいか分からない!と言う方は、最低限以下の3つのポイントについてきっちりと書きましょう。

1.写真や動画

書くというよりは入れるですが、写真や動画は絶対に入れましょう。写真はお店の雰囲気や綺麗さなどをチェックする重要な要素の1つ。百聞は一見にしかずです。
ネットが発達し多くのお店が写真を掲載している中、「写真がない」ことはお客様にとって不安要素の1つとなってしまいます。
「いい写真がない」というお悩みを多く聞きますが、今はスマートフォンでも綺麗な写真が撮ることが可能です。「iPhone 写真 撮り方」などで検索すると、綺麗に撮るコツを書いたblogが多く出てきますので、blogを参考に写真を撮ってみましょう。

2.予約をするメリット

お客様が、他のお店ではなくあなたのお店を選ぶことで得ることができるメリットを書きましょう。
先ほどの山田さんの例でいうと「有名なコーチに教えてもらえる」ことはメリットであり、他のテニス教室との差別化ポイントとなります。ネット予約をすることで「入会金無料チケットがもらえる」ということも同様にメリットとなります。
また、「小学生の子供も参加OK」であることが記入されているため、山田さんは自分が対象者であることも認識することができます。

テニス教室の例で考えてみると、他にも「少人数なのできめ細やかな指導」、「屋内のため雨でもレッスンができる」、「男性/女性限定である」など色々とありそうです。特に、同じエリアの同業他社が「提供できないメリット」や「提供しているが特にHPに掲載していないこと」などは大きな差別化の1つであり、お客様にとってのメリットとなります。

「そうはいっても中々自分のお店の特徴が分からない・・・」という場合は、溜まっている口コミを見直して見たり思い切って既存のお客様に聞いて見ましょう。

3.日時場所や予約の条件

「いつどこでやるのか」、「参加するための条件はあるのか」、「必要な持ち物はあるのか」、「何分前に集合すればいいのか」などなど。
あまり長くなりすぎても問題ですが、初めてのお客様が疑問や不安に思われると考えられることは、事前にページに記入して不安を取り除きましょう。
初めて予約をするお店に行くことは結構勇気がいることです。是非お客様の気持ちになって、参加前に教えて欲しいことをページに記載しましょう。

さて、今回は「予約ページの作り方」についてご紹介しました。来週は「SEO対策」についてご紹介します。
ぜひ、来週の記事公開までに「今あるページを編集する。新しいページを1つ作ってみる」など目標を決めて実践していただければと思います。
いいページができたなどあればぜひ教えていただけると嬉しいです。
それでは次回をお楽しみに!

たける

カスタマーサクセスチームのたけるです。趣味は音楽、キャンプ、お酒です。グルメblogはじめる計画進行中。
日々の運用に役立つ情報やカスタマーサクセスチームだからこそお伝えできる予約システムCoubicの応用方法を中心にご紹介したいと思います。
お困りのことがございましたらご相談ください!