【徹底解説】予約システムをオープンソース(PHP)で作るには?

オープンソースは誰でも自由にカスタマイズできるため、オープンソースで予約システムを作成したいという方もいらっしゃると思います。
今回は、オープンソースで予約システムを作る方法や注意点、おすすめのツールなどをご紹介したいと思います。

【この記事でわかること】

✔︎予約システムとは?

✔︎オープンソースとは?

✔︎オープンソースの予約システムならWordPress

✔︎オープンソースの注意点

✔︎予約システム作成ツールもおすすめ

予約システムとは?

そもそも予約システムとはどのようなものなのでしょうか。予約システムといっても、例えば、予約受付が可能なフォームを設置できるもの、顧客管理やオンライン決済ができるもの、集客や販売促進機能があるものまで様々です。

予約システムについては「予約システムとは?機能、メリット、選び方を解説」の記事や、無料で簡単に作れる予約システム」の記事に詳しくまとめていますので、チェックしてください。

オープンソースとは?

オープンソース(Open Source)とは、その名の通り、オープン(Open)なソース(Source)、つまり、公開されているソースコードのことです。一定のルールを守れば誰でも自由に改良・再配布ができます。

簡単にいうと「無料で使うことができるシステムやプログラム」のことで、例えば、世界中で使われているWordPressもオープンソースです。

オープンソースの予約システムならWordPress

オープンソースの予約システムを利用するならPHPを用いたオープンソースが便利です。というのも、予約システムをカスタマイズしたいと思ったときにPHPはとても使い勝手が良く、初心者でも分かりやすいからです。
ちなみにPHPとは、初心者向けのプログラミング言語です。PHPの正式名称は「Hypertext Preprocessor」で、動的なコンテンツの作成に向いています。PHPを使いこなせれば、お問い合わせフォームやECサイトを作成することも可能です。

ここからは、おすすめのオープンソースであるWordPressの予約システムをご紹介したいと思います。

WordPress

WordPressはPHPベースのCMSで、動的なWebサイトを構築可能です。さらに、数多く存在するプラグイン・デザインテンプレートを利用して機能を自分好みにカスタマイズすることも出来ます。

※「CMS」とは、「Contents Management System」の略で、Webサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報(テンプレート)などを一元的に保存・管理するシステムのことです。

WordPressで予約システムを作るのであれば、プラグインがおすすめです。そもそも、予約システムを作るとなると、業種・業態に応じて予約方法を検討しなければなりません。加えて、単に予約を受け付けるだけでいいのか、顧客管理までしたいのか、ネット決済まで対応させるのか・・・など作成しなければいけない項目は数多くあります。プラグインを使用することによって、設定だけで利用することができるようになります。
ただし、プラグインには、日本語対応していないもの、説明やサポートが英語対応のみということもありますので注意が必要です。

おすすめのプラグイン・ツールについては「WordPressで予約システムを作るには?」の記事で詳しくまとめていますので参考にしてください。

オープンソースの注意点

ライセンス契約に気をつける

冒頭で、一定のルールを守れば誰でも自由に改良・再配布ができるとお伝えしましたが、一定のルールというのがライセンス契約になります。

オープンソースの主なライセンス契約の例として以下があげられます。

GPL「GNU General Public License」の略:カスタマイズして再配布する際には著作権表示が必要です。また再配布する際には、同様のライセンス形式にする必要があります。
BSD License「Berkeley Software Distribution License」の略:カスタマイズして再配布する際には著作権表示が必要です。逆にこれさえ守れば再配布は自由です。
MPL「Mozilla Public License」の略:カスタマイズして再配布する際には著作権表示が必要です。ソースコードを改変して再配布する際には、その部分はMPLのライセンス形式にする必要があります。

オープンソースを利用する際は、上記のようなライセンス契約を十分に確認しましょう。

サポートやマニュアルがないことも

オープンソースは、誰でも自由に改良を加えることができ便利ではありますが、十分なマニュアルが用意されていないことも多いです。したがって、ユーザーはソースコードを解読して、自分で使い方を学ばなければなりません。

バグが見つかったとしても修正されないままということもあります。WordPressのような有名なオープンソースのソフトウェアでは、バグが発見された際には開発元が修正をすることも多いです。

予約システム作成ツールならもっと便利に!

さて、これまでオープンソースの予約システムについて解説してきましたが、予約システム作成ツールを活用すればもっと簡単・便利に予約システムを導入することが可能です。

ホームページやWebサイト、WordPressへの設置が可能な無料の予約システムもあります。使いこなせば、デザイン面でも機能面でも納得のいく予約ページが完成しますよ!

おすすめは STORES 予約です。

STORES 予約 は何よりも設定が簡単!そして無料で使うことが可能です!

他にも、オンライン決済(月額課金や回数券も無料で利用可能)機能、SEO対策機能(SEO対策機能については「STOERS 予約 のSEO対策機能」をチェックしてください)もありますし、Google で 予約予約システムのアプリもあります。

STORES 予約 については「STORES 予約のメリット・デメリット」の記事や「予約管理を楽にする予約システム・ツール STORES 予約」、「予約システムの機能・料金を徹底比較」の記事が参考になります。「STORES ウェビナー」でじっくり学ぶことも可能ですよ!

予約システムの比較は「無料あり!予約システム比較12選」をチェックしてみてください。