予約システムCoubicとGoogle カレンダーを連携する方法!スタッフ間で共有するには!?

仕事で Google カレンダーを活用されている方も多いと思います。

そして、Google カレンダーのスケジュールをお店やオフィスのスタッフと共有したい場面もあるのではないでしょうか。今回は、予約システムCoubic(クービック)との連携方法や、簡単で高機能な Google カレンダーの共有機能についておさらいしたいと思います。

予約システム「Coubic (クービック)」との連携

Google カレンダーは他のカレンダーや外部サービスと連携することができ、予約システム「Coubic (クービック)」とも連携することができます

連携設定するには、Coubic (クービック) 管理画面の予約台帳カレンダーの下にある「Google カレンダーと連携する」を選択して、普段お使いの Google カレンダーのアカウントでログインすることで行うことができます。

Google カレンダーの共有設定

まず、自身の Google カレンダー画面の左側にある「マイ カレンダー」という項目から、他の人と共有したいカレンダー右側の [▼] ボタンを押して、[このカレンダーを共有] を選択します。

または、「マイ カレンダー」の横にある [▼] を押すと出てくる [新しいカレンダーを作成] で、スタッフ共有用に新しくカレンダーを作成することもできます。

「特定のユーザーと共有」という項目にあるメールアドレス入力ボックスに、追加したいユーザーのメールアドレスを入力して、適切な権限を選択して、[ユーザーを追加] ボタンを押します。

付与できる権限の種類:
・「変更および共有の管理権限」: 予定の変更やカレンダー自体の共有設定も変更できる最強の管理者権限です。
・「予定の変更権限」: 予定の変更のみ可能な権限です。
・「閲覧権限 (すべての予定の詳細)」: 閲覧だけで予定の変更はできません。
・「予定の時間枠のみを表示 (詳細を非表示)」: 予定のブロック (時間帯) だけが見れて、内容を見ることはできません。

最後に [保存] ボタンを忘れずに押して完了です。

相手にカレンダーが共有された旨の通知メールが届き、相手の Google カレンダーの左側にある「他のカレンダー」というところに追加されます。

もし、招待する人のメールアドレスが Google のアカウントでない場合は、「Google の利用を勧めますか?」と表示されますので、[招待] を選ぶことで追加することができます。

Coubic (クービック)との連携後は Coubic (クービック) で受け付けた予約に関しては、Google カレンダーに自動的に同期されます。
また、Coubic (クービック) で受け付けた予約情報を、上記の Google カレンダーの共有機能で他のスタッフと共有するといった使い方ができるようになります。

Google カレンダーの機能を上手に使うことで、スタッフとの共有や予約管理までスムーズに行うことができますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

クービック編集部
ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

クービック編集部

ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。