誰かに宣伝を代行してもらう「アフィリエイト広告」とは? そのメリットとデメリット

アフィリエイトという言葉を聞いたことはありますか?
アフィリエイトとはネット広告の一種で、簡単に言うと誰かのサイトであなたの商品やサービスを宣伝してもらう広告手法のことです。

今回はこのアフィリエイト広告の具体的なメリットと、無視できないデメリットについてご説明します。

アフィリエイトの具体的な仕組みとは?

あなたが広告主として、アフィリエイトを利用するということは、どういうことなのでしょうか? 具体的な仕組みと共に簡単に説明します。

まず、広告主であるあなたは、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)に登録します。ASPとは、アフィリエイト広告を出したい広告主(あなた)と、自分のサイトに広告を掲載して報酬をもらいたいアフィリエイターを結びつけるサービスです。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)も大手のものから小規模なものも含めると数百ものサービスが存在すると言われていますが、いくつかこちらでもご紹介します。

◼︎ Rentracks(レントラックス)
…他社サービスよりもいわゆる”稼げる案件”が多いところが魅力!

◼︎ A8.net
…案件数が多い大手のASP! アフェリエイトをはじめるのに敷居が低いところもポイントです

◼︎ afb
…美容系に強い! 報酬に消費税がプラスされるのが嬉しい

◼︎ 楽天
…楽天が運営するだけあり、豊富な商品と多彩なサービスから選ぶことができるところが魅力!

◼︎ Google Adsense
…取り急ぎはじめるには良い!?

などなど・・・

さて上記ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)登録後ですが、そのASPに「私はこのような広告を出したいです」とあなたの広告を出稿し、興味を持ったアフィリエイターに選んでもらうのを待ちます。
例えば、あなたがエステ店であれば、美容系のブログを運営しているアフィリエイターが、あなたの広告に興味を持って「掲載したい」「宣伝したい」と指名してくれるでしょう。
互いに合意した後は、アフィリエイターのサイト内で、宣伝を行ってもらいます。

では、費用はどうなるのでしょうか?
ここがアフィリエイト広告の特徴で、メリットの 1 つなのですが、基本的に成果報酬制になります。
つまり、広告の目的が果たされた時ー例えばお店への予約や商品の購入といったアクションが発生した時に限り、報酬を支払う必要があります。よって、「費用を払って広告を出したのに、お客様が来なくて赤字…」ということにはなりません。

また、実際の予約・購入に至らなかった人も、広告は目にするわけですから、認知度を拡大することが可能です。

アフィリエイト広告のデメリット

成果報酬制であるアフィリエイト広告。費用対効果が高くて認知度の拡大も狙える、そしてその宣伝はまるっと代行してもらえるわけですから、楽な広告手法にも見えますね。しかし、アフィリエイト広告にもデメリットはあります。

・ASPに固定費用がかかる
アフィリエイト広告そのものは成果報酬制なのですが、ASPの方にシステム利用料として月額の固定費用がかかることが多いです。広告でCVがどれくらい発生したかに関わらずこの費用は払う必要があります。
ASPにもよりますが、大手だとだいたい月 3~4 万円は固定費用としてかかると思ってください。最低契約期間がどのくらい設けられているのかもよくチェックしておいて下さい。
ただ、月額 4,900 円の固定費で利用できる電脳卸のようなASPも存在します。

他にも、
・報酬を高く設定しないと、宣伝力のある腕の良いアフィリエイターと提携できない
・高い効果が上がるようになるまでにはだいたい半年以上の時間がかかる
・不正行為を行うアフィリエイターも存在するので、丸投げしっぱなしにせずに、適正に宣伝が行われているかをチェックする必要はある

といった注意点はあります。
しかし「心配なところは対策をとる」ということを重ねて、デメリットを最小限に抑え、費用対効果の高さというメリットを享受することはできます。
費用面や自社商品との相性などを考え、検討してみて下さい。

アフェリエイト広告に向いていないかも!?

アフィリエイトは費用対効果の高い広告手法である一方で、事業者さんによっては向いていない場合もあります。

例えば・・・
“地域が限定されている” 場合。
例えば 1 県のみでヨガスタジオを運営している場合、広く公開している Web サイトにあえて掲載してくれるケースは少ないでしょう。
地域が限定されている場合は、地域限定で発行されている情報誌や折り込みチラシなどが効果的かもしれません。

他にも、
“対象ユーザーが限定されている” 場合。
例えば 50代女性がターゲットの場合、前述同様、広く公開している Web サイトにあえて掲載してくれるケースは少ないでしょう。
ただし、20〜30代女性向けサービスなど、ネットに親和性のある層をターゲットにした場合であれば、成果を出せる可能性は高くなります。

 
 

認知を拡大したい! 売上をあげたい! 新規顧客を増やしたい!
・・・ ビジネスには色々な悩みがあります。アフェリエイト広告は確かになんとなく難しそう・・・なイメージもありますが、自社のサービスと合っているなら試す価値はアリですね!

アフィリエイト広告をはじめようかなと思っている方にとって、参考になれば幸いです!

クービック編集部
ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。