最新情報を100%行き渡らせる! メールのタイトル3つのポイントと「やってはいけないこと」

あなたはお客様の再来店を促すために、期間限定キャンペーンや特典を企画された経験があるかもしれません。その際の告知方法として、DMメールの送信は非常に効率的です。

しかし、もしかしたら、あなたが心を込めて練った企画のお知らせメールは、お客様のメールボックスに埋もれてしまい、開封すらされていない可能性があります。開封されるメールとされないメールを分けるのは「メールタイトル(件名)」です。ここではお客様が、気になって「つい開封してしまう」メールタイトルの付け方をお教えいたします。

開封せざるを得ない!タイトルの付け方 3 選

お客様のメールボックスには日々、多くの DM が届けられています。そのようなメール激戦区の中で、本文を読みたいと感じてもらえるメールタイトルの第一条件とは、「私にとってお得な情報が書かれている!」と認識してもらえるようなものであることです。
そのようなタイトルを付けるために、ポイントが 3 つあります。

1、タイトルだけでは全てを把握させずに本文へ誘うこと
例えば「期間限定キャンペーンのお知らせ」といった、端的すぎて内容がすぐに把握されてしまうビジネスメールのようなタイトルは、見てみたいという意欲をそそりません。
タイトル中の1単語が、メール本文を読まないと、具体的には分からないようなものにすると良いでしょう。

2、「つかみ」の良い単語は最初に持ってくること
期間や人数の限定性や、「大人気、大好評」といった言葉は一気に興味を惹くマジックワードです。できるだけタイトルの最初に持ってきて、【】や★★で囲ったりして目立たせましょう。

3、特別感を出すこと
「~な方必見」といった呼びかけ(ターゲットコール)や【特別招待】といった記述を出だしに持ってくることでお客様が「私に向けて言ってくれているんだ」という感覚を持ってくれ、開封する確率が上がります。

————————————————————

良いメールタイトル例

・【招待状】つま先まで夏を楽しみ尽くすために…
(フットネイルのキャンペーン)

・髪色にマンネリ気味な人! 選べる5種の新作カラーが今だけ…

————————————————————

以上の 3 つを抑えておけば開封されないことは減ります。

しかし最後に、メール送信で集客をしたいあなたが、今後もメールタイトルを考案していく上で「やめて頂きたいこと」が 1 つだけあります。

やってはいけない「送りっぱなし」

最もやってはいけないこと、それは「送りっぱなし」でそのメールの開封率や効果を確認しないことです。送ったメールは本当に開封されたのか? 本当にそのメールをきっかけに来店されたのか? をチェックして、次回以降の送信に生かしていかなければ、メールを送っても効果を得られないという悲しい結果に悩まされ続けることになります。

キャンペーン期間中に来店されたお客様に、どこでキャンペーンを知って来店されたのかを、きちんと確認するのも 1 つの手です。「お客様の声」を大事にしながら今後の運営に生かしていきましょう。

まとめ

上の 3 つのポイントを抑えたメールタイトルを付け、送信後はあなたのお客様に、実際に響いたかどうかを実際にチェックしながら、どのようなメールタイトルが興味を持たれやすいかデータを集めていってください。

しかし、「お客様にメールを見て来店されたのか聞くのが大変」「もっと確実性の高い確認の方法を取りたい」とお考えになるのでしたら、クービックの自動メール配信機能がオススメです。
クービックの自動メール配信機能なら、開封率を確実に測定できます。

メールタイトルは響いたか? 企画そのものに魅力があったか? を把握することが非常に簡単になります。

クービック編集部
ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。