ネット予約は必要?予約システムを導入するメリットは!?

インターネットで何でも簡単に予約できるようになり、旅行やホテル、飲食など様々な業種でネット予約率は年々増えて世の中に浸透しつつあります。しかし、ビジネスの中にはまだまだネット予約の重要性が認識されていないところもあるのではないでしょうか。今回はネット予約がなぜ重要なのか改めてご紹介します。

ネット予約のピークは夜 10 時

ネット予約を導入すると 24 時間 365 日予約を受けられるようになります。特に施術時間中や営業時間が終わった夜中などで電話対応できない時間帯の予約需要を取り込めます。

例えば、美容室の予約では、電話予約は朝 10 時をピークに午後 7 時頃までに行われるのに対して、ネット予約のピークは夜 10 時で、しかも電話予約に比べて午後 7 時以降の予約が多い傾向にあります(Beauty 総研「美容センサス」より)。これは夜寝る前や帰りの通勤時間にネットで調べて予約をする利用者の行動パターンがあるからだと考えられます。

つまり、ネット予約を導入して営業時間に関わらずお客様が予約を入れられる状態にすることで、予約の機会損失を防ぐことができ、全体の予約数を増やすことができます。その際、お客様が予約を入れやすいように、空き状況をすぐに確認できる予約カレンダーを提供すると良いでしょう。

クービックの予約カレンダーは、空き枠を簡単に確認できイベントごとに色分けできるので、予約者が予約を入れやすくなります。

人的コストを大幅削減

電話やメールの予約だと、空き枠の確認や電話・メールでのやりとりに人的コストがかかります。しかしネット予約であれば、自動的に空いている時間帯に予約を埋めてくれて、しかも予約確認メールなども自動で送信することができます。これにより、人的なオペレーションコストを大幅に削減することができます。

予約の一元管理で効率化

ネット予約が増えてきているとはいえ、いまだに電話やメールからの予約も多いと思います。その場合、様々な経路の予約を同じ予約台帳カレンダーで管理する方が効率的です。

クービックのクラウド型予約台帳であれば、ネット予約だけでなく電話・メールからの予約も台帳に直接入力することで一元管理することができます。また、予約を入れると同時に顧客として登録されるので、顧客管理も手間なく行えます。さらに、顧客検索機能を使うと、お客様ごとのカルテを見たり過去の予約履歴もすぐに確認できて便利です。

まとめ

・ネット予約で機会損失を防げる
・予約の自動受付でオペレーションコストも削減
・予約の一元管理で顧客管理も簡単便利に

予約システム「Coubic (クービック)」

の色分けできる予約カレンダーや顧客検索機能はプレミアムプランにアップグレードすることでご利用いただけます。プレミアムプランを14日間無料でお試しするにはこちらから。

クービック編集部
ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。