予約システムの導入方法とは?3つの方法と導入事例実績をご紹介

営業時間外にも予約の受付が可能な予約システムの導入は、機会損失を防ぎ売上アップにもつながります。また、確認通知やリマインドメール、フォローアップメールを含めた予約業務全般を自動化できるシステムでは、業務効率アップも見込めます。

このようにメリットの多い予約システム。「導入したい!」と思っていても、導入方法や費用感がわからず迷っている方も多いのではないでしょうか。あるいは、予約システム導入後のイメージがいまひとつ掴めないという方もいらっしゃるかもしれません。

予約システムの導入方法 代表的な3種類

予約システムの導入方法で、代表的なのは以下の3種類です。

・自作または外注で作る
・既存サイトに予約システム機能を組み込む
・予約システムのサービスを利用する。

それぞれの導入方法の概要と、費用の目安を確認しましょう。

自作するか外注して作ってもらう

一つ目は、「予約システムを自作する、または外注して作ってもらう」という方法です。
予約システムは、コーディングの知識やスキルがあれば自作することもできます。しかし実際のところ、予約システムを自力で構築できるほどのコーディングの知識・スキルを備えている方は、そう多くないでしょう。大多数の方にとって、予約システムを自作するのは現実的ではないといえます。

知識やスキルがなく予約システムを自作できないとなると、Web制作会社やシステム制作会社、あるいはフリーランスなどに外注することになります。この場合、依頼先によって費用はピンキリです。

例えば、あるWeb制作会社に予約システムの構築を依頼する場合、デザインとコーディングに50万円、開発に70万円と計120万円の初期費用がかかり、月額の利用料金が必要になります。規模が大きくなると数千万円以上、小規模でも予約システムに在庫管理や勤怠管理などを組み込む場合は300万円以上必要です。

一方、クラウンドソーシングでフリーランスに依頼する場合は、少し費用を抑えることが可能で、10〜50万円ほどで依頼できる可能性があります。ただし、クラウドソーシングの場合、技術力もピンキリで、誰に依頼するべきかを慎重に見極めなくてはいけません。

既存のサイトに予約システム機能を組み込む

予約システムを一から構築するのではなく、既存のサイトに予約システム機能を組み込む方法もあります。
例えば、WordPressでサイトを運用している方であれば、以下のような無料プラグイン(拡張機能)を利用することで、比較的簡単に予約機能を実装可能です。

Booking Package – 予約システム

Appointment Hour Booking

予約システムサービスを利用する

現在では、予約システムを提供しているサービスが多数あります。予約の自動化や顧客管理、ネット決済など、必要な機能一式が揃った予約システムサービスも多いので、そういったサービスを利用するのも選択肢の一つです。
どういった機能が搭載されているかはサービスによって異なるので、自社の業務に必要な機能が備わっているものをうまく利用すれば、費用を抑えることもできます。

予約システムのサービスは、月額課金のみで初期費用無料のサービスが多いです。サービスによっては、無料のフリープランが用意されていることもあります。そのため、これから事業を展開する小規模の店舗や、試しに予約システムを使ってみたいという方におすすめの方法です。

STORES 予約も予約システムサービスに分類されるサービスです。以下のページでは、STORES 予約 の料金を確認できます。

料金プラン|STORES予約

予約システムにどのような種類があるかは下記の記事を参考にしてください。

おすすめの予約管理システム12社を比較!無料のサービスもあり

予約システムの作り方については下記の記事も参考にしてください。

無料で簡単に!予約システムの作り方

【業種別】STORES 予約の導入事例・実績

続いてこの章では、STORES 予約の導入事例や実績を業種別にご紹介します。

ヨガ・ピラティス

ヨガ・ピラティスへのSTORES 予約の導入事例です。

レッスンスタジオラピス

レッスンスタジオラピスでは、業務効率がアップしたことに加えて、お客様からの満足度もアップしたと喜ばれています。
定員4名の少人数でレッスンを開催していたところ、徐々にお客様が増えたことで「インターネットでも予約ができるシステムを」と考えたのが導入のきっかけでした。
導入してみると、なんと8割がSTORES 予約を通してのインターネット予約でした。パソコンやスマートフォンに不慣れなお客様も、予約やキャンセルの操作がしやすいと好評です。
特に「キャンセル待ち機能」と「予約忘れないでねメール」は、オーナー様、お客様ともに満足いただいています。

動物病院・ペットクリニック

動物病院・ペットクリニックへのSTORES 予約の導入事例です。

モノカどうぶつ病院


もともと少人数で運営していたモノカどうぶつ病院は、STORES 予約の導入以前は診療中の電話に出られないことがよくありました。飛び込みで来られたお客様も、待ってもらうか改めて来てもらうといった対応しかできないこともあったそうです。「予約をしたいのに電話がつながらない」という不満の声を聞くこともあったといいます。
そんなときに見つけたのが無料で利用できるSTORES 予約でした。「まずは試してみよう」と試験的に導入したのがきっかけだったそうです。導入後は、予約業務の8割を削減することに成功し、これまで予約できずに困っていたお客様も安心して来院可能になりました。

美容・サロン

美容・サロンへのSTORES 予約の導入事例です。

MOCO 銀座店


ブラジリアンワックス専門サロン・MOCO 銀座店では、スタッフの増加にともなってSTORES予約の導入を決めたそうです。スタッフごとのスケジュール管理をしながらお客様からの予約を整理できるので、予約業務に手を取られずに接客に集中できるとの声をいただいています。
お客様からも「見やすい、わかりやすい」と好評をいただき、今ではお客様の8割がインターネットからの予約に移行しているそうです。

整体・マッサージ

整体・マッサージへのSTORES 予約の導入事例です。

ハードブリッジ

ハードブリッジでは、STORES 予約を導入したことによって、顧客管理がより便利かつ簡単になり、無駄な手間をかける必要がなくなったと喜ばれています。
業務効率が大幅に改善されたことに加えて、「予約忘れないでねメール」の機能によってキャンセル率も40%改善されたといいます。電話番号を利用するSMSは、「迷惑メールフィルターにかかって届かない」ということもなく、確実にお客様のもとへメッセージが届くため、予約忘れが減ったと実感されているそうです。

スクール・教室

スクール・教室へのSTORES 予約の導入事例です。

株式会社ムラサキスポーツ

株式会社ムラサキスポーツでは、「STORES 予約の導入で満足度150%!」と大変喜んでいただいています。導入以前は、店舗へのお客様が増えるにしたがってスクールの参加人数もどんどん増えてきたことから、電話での予約に限界を感じていたそうです。接客をしながらの予約受付は負担が大きく、予約の多い日には電話が鳴りやまずに接客ができないこともあったといいます。

STORES 予約を導入するとき「お客様がきちんと予約方法を理解できるか」との不安があったそうですが、その不安をよそに導入後はどんどん予約が入ってきたそうです。STORES 予約ではキャンセル待ち対応もできるので予約業務に時間を取られず、接客に集中できるとご満足いただいています。

ショコラボックス

知人の方からの紹介でSTORES 予約を導入したショコラボックス。導入後はなんと予約数が7倍になったといいます。導入以前はメールで予約を受け付け、レッスン後には受講生へのフォローアップメールを一通ずつ送っていたそうで、これらの作業に非常に手間と時間がかかっていたといいます。STORES 予約は、予約操作がシンプルでわかりやすく、新規・リピートのお客様ごとにメールの文面を設定して一括送信できるので、連絡が楽になったと喜ばれています。

フィットネス・パーソナルジム

フィットネス・パーソナルジムへのSTORES 予約の導入事例です。

visiongym 三田店

visiongym 三田店では、以前は別の予約システムを使っていたそうです。しかしそのシステムは、予約と決済を別々に管理する仕様になっており、システムを導入していたにも関わらず手間のかかる作業が多かったといいます。そしてそのために、スタッフがトレーニングだけに集中できない状況ができていたそうです。

月謝や回数券、都度払いとさまざまな料金形態が用意されているvisiongym 三田店ですが、STORES予約ではこういったさまざまな料金形態にも対応することができます。特に回数券の利用が多かったため、自動で回数券の消費をしてくれるSTORES 予約の機能に満足頂いています。

ボクシングフィットⓀ

ボクシングフィットⓀでは、以前からオンラインレッスンに魅力を感じていたそうで、昨今の感染症拡大の影響でオンラインレッスンに踏み切ったといいます。そこで、予約や決済をスムーズにできるSTORES 予約を導入することにしました。決め手は、問い合わせの際の親切で丁寧な対応だったそうです。

便利な機能が多いなか、特に気に入っていただいているのはZoom連携機能とのこと。会議URLの発行・通知の手間がないので、業務の効率化につながっているといいます。

オンライン接客事例

オンライン接客(リモート接客)は、昨今の「対面を避け、距離をとっての接客」にも非常に相性がよく、顧客側にも店舗側にも大きなメリットがあるということで今後も増えていくことが予想されます。

既にオンライン接客を取り入れている事例が数多くありますのでその一部をご紹介したいと思います。

トゥモローランド

STORES 予約は様々な予約形態に柔軟に対応できるシステムであり、有事の際にもシステム上ですぐに対応できるところが魅力的と答えています。
緊急事態宣言解除後も、感染リスクを最小にしたいというニーズや、そもそもお店に行く時間が取れない為、リモートでサービスを受けたいというニーズに応えるべく引き続きこの取り組みを継続しいくということです。

coen

STORES 予約について、coenは、接客は店舗で受けるものから、お客様のご都合に合わせた場所や時間で店舗と同等の接客が受けられるようになった事でcoenの経営理念である「身近で快適な購入体験を提供する」をまたひとつ可能にしてくれましたとコメントしています。

まとめ

予約システム導入の3つの方法と、STORES 予約の導入事例をご紹介しました。事例を見てわかるように、STORES 予約はさまざまな業種のオーナー様に活用いただき、多くの方が売上アップやキャンセル率低下を実感されています。便利な機能が多数あるため、業種やサービス内容にフィットした予約ページを運用していただけるのではないでしょうか。
また、STORES 予約には無料のフリープランがあるのも魅力です。これから展開していく小規模の事業や予約システムを使ってみたい方は、ぜひSTORES 予約をお試しください。