Adobe ソフトって必要なの?安く使用する方法があるってホント?

デザインやクリエイティブな業務をこなす上で欠かすことができないのが、Photoshop や Illustrator など、Adobe 社(アドビシステムズ)のソフトウェアです。

しかし、製品やそのソフトの機能が多い分、どのようなことをしたい場合にどのソフトのどの機能を使えばよいのか、選択に困ることもあるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、個人事業主・フリーランス向けに Adobe ソフトの使い方についてご紹介します。

Adobeのソフトはどのような製品があるのか

そもそも、Adobe のソフトにはどのようなものがあるのでしょうか。

今はCreative Cloudが主流

Creative Cloud は月額課金制で Photoshop や Illustrator などの Adobe 製品が使えるソフトです。Web デザイナーがサイトやアプリのプロトタイプ(試作)を作るときにも重宝するでしょう。Creative Cloud の会員となれば、各種ソフトをダウンロードすることができ、しかもパソコンとモバイルで扱う素材を共有することもできます。

実は、かつて Adobe のソフトは、個人として購入しようとすると、数万円〜数十万円もしました。それだと買うにはハードルが高い…!
しかし、Creative Cloud では、各ソフトの最新版が月額 980 円で利用できるようになりました。ビジネスにもがっつり使えるソフトですから、驚きの価格というわけです!!

また、以下の特徴を持っています。

・一人あたり 2 台のパソコンで使用可能
⇒家でも外出先でも作業することができます。家のパソコン内に素材・ファイルがあって、外ではそれを使った作業ができない、ということもなくなります。

・過去バージョンの Adobe ソフトも使用可能。
⇒古いソフトで作られたファイルも編集できます。過去の古いファイルを編集しようとしたけれど、互換性がなく編集できないという悩みからも解放されます。

それでは、Creative Cloud の各ソフトをご紹介していきます。

Photoshop(フォトショップ)CC

クービック編集部も Creative Cloud で使用できる Photoshop CC を使用しています。特に、インタビュー記事などの人物が登場する記事は美しい画像の方が見栄えもよくなるので重宝しています。

PhotoShop は世界中のプロ達が使っている画像編集アプリケーションです。写真、イラスト、Web サイトやモバイルアプリケーションのデザインまで幅広く活用できます。
せっかく撮影した写真の色が暗くなっていたり、くすんだりして残念な思いをしたことはないでしょうか。PhotoShop を使うと、それらを修正して写真を蘇らせることができます。

機能は多数あるのですが、基本機能である以下をまず押さえるとよいでしょう。

・カラーと色調の調整
⇒写真の明るさやコントラストを好みに合わせて編集することができます。

・写真に効果をつける
⇒写真をぼかしてミニチュア風にする、特殊効果を付与し、絵画やスケッチのような雰囲気にするなどができます。

・多彩な文字表現
⇒画像に文字を追加するだけでなく、文字の形を変形、縁取りするなどの効果を付与することができます。

・写真内の不要なものの削除
⇒写真に写ってほしくないものを写真から消したいとき、修正して消すことができます。

Lightroom(ライトルーム)

デジタル一眼レフカメラなどで撮影した写真を管理し、編集するツールである Lightroom CCなどもあります。Photoshop よりも写真の編集に特化していて、大量の写真を効率良く加工するのに優れています。

基本的に写真の加工しかしない!ということであれば Lightroom が良さそうです。

Illustlator(イラストレーター)CC

PhotoShop が得意とするのが写真などの編集だとすれば、Illustrator が得意とするのは、ロゴやレイアウトです。

Web サイトで使うロゴや雑誌のレイアウトをつくるのには Illustrator が適しています。適している理由の 1 つとしてあるのが、扱う画像形式の違いです。画像には「ビットマップ画像」と「ベクトル画像」の 2 種類があります。

前者は点の集まりで画像を表現しているので、拡大すると画質が落ち、画像がぼやけてしまいます。後者は拡大・縮小を繰り返しても画質が落ちないのが特徴です。

PhotoShop でも Illustrator、どちらでもできる作業がある一方、Illustrator でしかできないこともあります。例えば以下は Illustrator での作業が向いています。

・平面的な図表やインフォグラフィック(情報・知識を視覚的に表現したもの)
⇒多くのパーツをきれいに揃え、並べることにおいては Illustrator が適しています。

・アイコン、ロゴ制作
⇒円や四角などの図形同士を重ね合わせる、均一化した線を描画するなどに適しているのは Illustrator の方です。

まとめ

PhotoShop でも Illustrator などは使ったことはなくとも名前は聞いたことがあると思います。
前述しましたが、かつては気軽に手を出せなかったアドビソフト。でも、今なら手頃に購入することも可能です。

フリーランス・個人事業主として活動する上でもこれらのソフトを使いこなすことができることはメリットとなるでしょう。特にイラスト、写真関連、Web デザインを扱う仕事をするのであれば、使いこなせるようになることをオススメします。

クービック編集部

ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。