個人事業主・フリーランス向け!Facebook活用術

アメリカで生まれた SNS(Social Network Service) である Facebook は、日本国内でのアクティブユーザー数が 2800 万人(2017年 9 月時点)であり、全世界でみてもデイリーアクティブユーザーが 14 億人と世界最大の SNS です。

日常のことを発信したり、自分がやっているサービス、想いを発信するなど、プライベート、ビジネス問わず、広く活用されています。

今回の記事では、今更ではありますが、個人事業主・フリーランス向けに Facebook の活用方法についてご紹介します。

用語解説

Facebook の話をする上で必ず知っておく必要である言葉がいくつかあります。用語を知らないと、話の意味自体についていけなくなるので、ここに挙げる用語の意味は最低限、把握しておきましょう。

タイムライン

Facebook の個人アカウントは個人に 1 つ割り当てられます。個人でないお店や企業の場合、Facebook ページという別アカウントを使います。こちらについては後から説明します。

タイムラインは個人アカウントのトップページであり、過去に投稿してきたものが並んでいます。

ニュースフィード(ホーム画面)

ニュースフィードは Facebook で友達になっている人やフォローしている人の投稿が表示される画面です。

Facebookページ

Facebookの個人アカウントでは実名が原則とされています。一方、Facebookページのアカウントは、自分の商品やサービスの名前をアカウント名として使うことができます。

Facebook ページの設定の仕方

Facebook ページのアカウントを取得していない方は、まず、個人のアカウントを取得します。

アカウント取得はこちらを開いてください。

個人のアカウントのトップページから、Facebook ページを選択します。

「ビジネスまたはブランド」、「コミュニティまたは著名人」の 2 つからカテゴリを選択します。(以前は、6 つのカテゴリから選択しておりましたが、2018 年 6 月時点では 2 つになっていました)

ビジネスまたはブランドを選択し、ページの名前、ページのカテゴリを追加します。(コミュニティまたは著名人を選択しても問題ありません)

その後、プロフィール写真、カバー写真を追加します。

設定は以上になります。必要に応じて、設定タブより公開範囲などの細かい設定を編集します。

フリーランス・個人事業主にとっての Facebook 活用術

コミュニケーションをとる

会社から仕事を与えられることが多い会社員と違って、フリーランス・個人事業主は自ら営業活動して仕事を取ってくる必要があります。
しかし、Facebook の個人アカウントがそのまますぐ仕事につながるかと言われるとそうとは言えないでしょう。

この記事を読まれているあなた自身が Facebook 上でつながってすぐの人にいきなり仕事の依頼をするでしょうか?あるいはリアルに知っているとして、それほど頻繁に会うこともない人に仕事を依頼するでしょうか?

おそらくそうでない方が多いのではないでしょうか。

では、すぐ仕事につながらないのであれば、どのような用途として活用すればよいのでしょう。

例えば「交流用」「あなたという人物を知ってもらう」というように、用途を限定して使うのです。

毎日毎日、仕事の話ばかりされても、「真面目な人だな。」とか、何の仕事をしているのかはわかるとしても「その人自身」がいったい何を大事に生きていて今を生きているのか、どんな信念を持っているのかが見えないこともあります。

それ以外に、情報収集のツールとしても活用することができるでしょう。何か興味があること、仕事につながりそうな情報というものは Google で自分で検索することでも得ることができますが、検索キーワードはかなり自分が興味を持つ範囲に限定されてしまいます。

一方、Facebook 上でつながっている友達は全く違う情報に関心を持っていたりします。そういったところが新たな情報源となって興味の範囲が広がるという効果もあります。

Facebook の SEO 効果を期待

SEO という言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。ビズシルでも SEO については数多く取り上げています。
簡単に言うと、Google や Yahoo 検索をした場合に上位に表示されやすくすることです。

開業したばかりのころは特に、お店の名前などで検索してもお店の情報がなかったり少なかったりすると思います。
その時に期待したいのが、Facebook ページ。実際、知っているお店の名前で検索すると、そのお店が Facebook ページを運用していた場合、高い確率で Facebook ページが上位に検索されるかと思います。

SEO 対策方法がわからないという方は、試しに Facebook ページを作成してみてはいかがでしょうか。開設も無料、設定もすぐに終わると思います!

ちなみに、Facebook ページ自体は、Facebook に登録していない方でも見ることができます。

拡散する(有料で広告を出すことも可能)

宣伝目的で、チラシやポスターを作成されることもあると思います。
しかし、エリアやターゲットによっては、インターネットを利用してアプローチした方が集客に効果があります。

フェイスブックページであれば、チラシやポスターとは違って、簡単に無料でキャンペーンやイベント、セールなどの告知が可能です。

また、有料になりますが広告を出すことも可能です!

フリーランスのコニュニティとしての活用

Facebook には多数のコミュニティがあります。自分と同じ業界の分野の人たちが集まるコミュニティ、イベントや勉強会、交流会の情報もそういったコミュニティに投稿されることもあります。

そういったところでも最新情報を入手することができます。一人で全ての情報収集をするのは限界がありますので、そういった、情報が収束しているところをうまく活用するとよいでしょう。

クービックでも facebook ページを運用しており、基本的には毎日更新しています。
クービックの facebook ページ

キャンペーンやイベントだけでなく、役立つ情報やクービックでの出来事など情報として発信しています!

facebook ページ開設を検討している方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

クービック編集部

ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。