これからはスマホ対応が必須?Google 検索が「スマホ対応」を重視

ウェブサイトによっては、スマホからのアクセスが過半数を超えてきているところも増えています。そんな中、ウェブサイトの流入経路として大きな部分を占める Google 検索が、「スマホ対応」のサイトを優遇する措置を発表しました。今後、数週間のうちに、全世界の検索結果に適用される予定です。

これまでモバイルで検索しても、PC 用に作られたサイトで文字が小さくて見づらかったり、リンクをタップしづらかったり、ページ全体を見るために横スクロールしなくてはいけないなど、ユーザーの利便性が低いサイトにアクセスしてしまう問題がありました。

そこで Google は、”ユーザーが目的の情報をより簡単に見つけることができるようにするために、モバイル版の検索結果に [スマホ対応] というラベルを追加する”、と発表しました。

具体的には、スマホなどのモバイル端末に最適化されて表示されるサイトと判断された場合は、「スマホ対応」というラベルが検索結果画面に表示されます。

モバイルフレンドリーと判断される条件は、主に以下のとおりです。

・携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用していないこと
・ズームしなくても判読できるテキストを使用していること
・ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないよう、コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること
・目的のリンクを簡単にタップできるよう、それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること

自身のサイトが、モバイルフレンドリーなサイトかどうかをチェックするには、以下のツールを使うと便利です。
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

現時点では、検索結果に「スマホ対応」のラベルが付くことでユーザーが目的のサイトを見つけやすくなるだけですが、今後は検索ランキングに影響する可能性もあります。そうなると、モバイルフレンドリーであることは、検索結果の上位に出るために必須の条件になってくるでしょう。

最後に、今回の Google の対応からも、ウェブサイトがスマホに対応していることがますます重要になってきました。ビジネスにおいても、検索流入を最大化するためには、スマホやタブレットに最適化されたサイトを作成する必要があります。制作会社などに依頼することもできると思いますが、すでにスマホやタブレットに最適化されていて自動的に最新の状態に更新してくれる安価なクラウドサービスなどもたくさん存在しているため、ニーズにあったもの選択するのが良いかと思います。

クービック編集部

ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。