Google Tag Manager でマーケティングに自由を!

今回は、ネットマーケティングにおいて非常に便利なサービスをご紹介します。

Google Tag Managerとは?

自社でウェブサイトを運営されていて、ネット広告を出稿したりマーケティング用のツールを導入する際には、タグの設置が必要になります。特に、複数の広告媒体に出稿したりツールを導入する場合には、ウェブサイトに埋めるタグの管理が大変煩雑になります。また、新しくタグを設置したい時にも、エンジニアのリソースが限られていて、なかなか実装できないということも往々にしてあると思います。

そんなときは、「Google Tag Manager (グーグル タグ マネージャ)」というサービスを使うとタグの管理を簡単にしてくれ、マーケティングの自由度が上がります。しかも無料で利用できます。

http://www.google.co.jp/tagmanager/

マーケティング用のタグには、Google アナリティクスのようなアクセス解析用のタグ、リスティングやアドネットワーク広告のコンバージョントラッキングやリターゲティング用のタグ、A/B テストや LPO のためのタグなど様々なものが存在します。それらを一つのタグにまとめて管理できるようにするのが Google Tag Manager です。タグマネジメントツールやワンタグと呼ばれることもあります。

Google Tag Managerを使うメリット

Google Tag Manager を使うと主に以下のメリットがあります。

1. 複数のタグを一つにまとめるので、ウェブサイトへの導入は 1 回だけ
2. タグごとに ON/OFF を選択でき、タグの管理が簡単
3. エンジニアでなくてもタグの追加や削除が可能

また、ページごとにタグの出し分けを行ったり、実際に公開する前にプレビューでタグがちゃんと動作するかを確認することもできます。さらに、タグのかわりに SDK を活用することで、モバイルのネイティブアプリにも対応しています。

ウェブサイトによっては、タグを数十個も設置しているところもありますが、これらの機能を使うと簡単に管理することができます。

タブマネジメントツールには、他にも「TAG エビス ( http://www.ebis.ne.jp/tag )」「ユニタグ ( http://www.unitag.jp )」「エコタグ ( http://www.eco-tag.jp )」など似たようなサービスがあります。それぞれ対応しているタグが違ったり、費用がかかる場合もありますので、利用目的に合ったものを選ぶと良いと思います。

いかがでしたでしょうか。マーケティングにおいて大事なのは、自社のサービスについてよく理解し、お客様の動向を把握した上で、適切な手段を講じることですので、タグの管理などはこのようなツールで簡単に行い、それ以外の分析や施策の実行に時間をかけることをおすすめします。

クービック編集部

ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。