全世界的にモバイル予約が急増中

世界的なトレンドとして、モバイル経由のネット予約が大きく伸びています。フランスのネット広告企業 Criteo (クリテオ) 社が発表した「Travel Flash Report」によると、スマホやタブレットなどのモバイル経由の旅行予約数は、半年で 20% 増加しました。また、1 予約あたりの取引額もパソコン経由と同等かそれ以上になったため、全体としてモバイル経由がパソコン経由の取引額を超える結果となりました。

Criteo 社は、世界中の 1,000 以上の旅行サイトの動向を追っており、今回の「Travel Flash Report」は、2014 年上半期に全世界で行われた約 3 億回、取引総額 15 兆円分の旅行予約 (飛行機、ホテル、レンタカー、船、鉄道など) を分析したレポートです。

モバイル vs パソコン

全体的にネット経由の予約は増加傾向ですが、デバイス別に見ると、モバイル経由の予約数が半年で 20% 増加したのに対して、パソコン経由の予約数は 2% の増加にとどまっています。また、カテゴリ別にモバイル経由の予約割合を見ると、レンタカーや飛行機は 15% 以下なのに対して、ホテルは 20% 近くと高くなっています。

国・地域別の傾向

日本は欧米と比べて、モバイル経由の予約割合が高く 25% 近くを占めています。地域別に見ると、2014 FIFA ワールドカップの影響もあり、ラテンアメリカの予約数が半年で 42% も増加しました。

予約単価の傾向

飛行機予約では、モバイル経由の方がパソコン経由に比べて 21% も予約単価が高いことが分かりました。またレンタカーにおいても 13% 単価が高いです。一方でホテル予約については、モバイル経由の予約はパソコン経由よりも 30% 単価が低い結果となりました。これは、モバイルでは当日の宿泊を直前予約することが多く、宿泊期間が短いことで予約あたりの単価が低くなるためです。

上記のようなモバイル予約の増加は、旅行業界に限った話ではなく、様々な業界で起きています。ネット予約の増加にともない、スマホやタブレットを含めたモバイル予約は今後もさらに増えていくと同時にその割合は増えていくと思われます。そのため、ビジネスオーナーとしてはモバイルに完全に最適化された予約体験をユーザーに提供していけるかどうかが鍵になっていきそうです。

オリジナルのレポートはこちら。
http://www.criteo.com/cms/dl/319/Criteo-Travel-Report-Sep-2014.pdf

クービック編集部

ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。