POSシステム(POSレジ)とは? 低コストで導入する方法は?

あなたの店舗に、レジはありますか? スーパーやコンビニに置いてあるような大型のものでしょうか? それとも、小型の金庫のようなものを使用していますか?

レジには、お金を計算する・お金をしまっておくということの他にも、やりとりの記録をするという重要な役割があります。
その「記録」を、リアルタイムにできる POS システム(POS レジ)があるのをご存知でしょうか?

今回は POS システム(POS レジ)のメリット・デメリット、低コストで導入する方法をご紹介します。
あなたの店舗に必要か? 検討してみて下さい。

POS システム(POS レジ)とは?

POS システムとは、POS レジなどと呼ばれる通り、簡単に言えばレジの事です。(以下、POS システムのことは POS レジと書きます)
単なる計算をする計算機のようなものではなく、売上を単商品の単位で集計し、その集計結果に基づいて売上げや在庫を管理したり分析を行うシステムです。
POS レジの POS という言葉は「point of sales」の略語です。

POS レジとはどんなもの?どんなメリットがあるの?

POS レジとは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

POS レジとは、ネットワークに繋がったレジで、お客様との金銭のやりとりをリアルタイムにクラウドに保存することができます。このデータを蓄積していくことで、売上の分析が楽にできるようになります。
POS レジが可能にするのは、データのリアルタイム保存・蓄積だけではありません。物によっては顧客の性別や年代などの情報の記録もできます。

POS レジのメリットをまとめると、以下の通りです。

・様々な情報を記録できることにより、マーケティングにも役立つ
・データのリアルタイム保存により、売上改善施策などのPDCAを早く回せる
・レジ締めの作業などが効率化でき、業務の負担が減る
・金額の打ち込みミスを防げる

良いことがたくさんあるような POS レジですが、大きなデメリットとして、導入コストが高いことが挙げられます。初期費用として 20~30 万円かかるため、どうしても個人経営のお店は購入に踏み切りづらいかもしれません。

「業務効率化できるのは分かるけど、一応、今のレジでお金の管理だけはできているし、何十万円も払うのは…」。
そのような迷いのある方に一度検討して頂きたいのが、iPad にインストールするタイプの POS レジです。

POS レジの機能は?

POS レジの機能は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
主な機能としては、
・売上機能 : 売上登録、釣り銭計算、決済、レシート発行、売上分析などが可能
・商品管理機能 : 商品情報の管理、在庫管理、発注依頼などが可能
・顧客管理機能  : 顧客情報登録、オーダー管理、予約管理などが可能

があります。
POS レジを使うことでお客様とのやりとりがリアルタイムで記録されるだけでなく、それが在庫管理や経営に活かすことができます!

iPad が POS レジに! その性能とは?

実は、iPad にアプリをインストールするだけで、POS レジとしての機能を持たせることができるようになります。

iPad の POS レジだと、月額 1 万円以下で売上管理・在庫管理・顧客管理ができるものもあります。スマレジなどが有名です。

iPad の POS レジだと、持ち運びが便利で、店外のイベントなどにも持ち込みやすい他、画面のインターフェースが直感的に分かりやすいため、新しく入った従業員でもすぐに操作ができるといったメリットがあります。

お試し期間として、一定期間は無料で試せるサービスもあるので、まずは、試してみるのも良いのではないでしょうか?

POS レジの選び方

POS レジの選び方のポイントは大きく 3 つあります。

誰でも簡単に使えるか

POS レジを実際に使うのは自分とは限りません。他の社員、スタッフ、アルバイト、パートなどあらゆる人が使う可能性があります。
接客や操作が簡単にできるようにタッチパネル式のものにしたり、クレジット機能も備えついているものを選ぶと良さそうです。

導入の目的は明確か

業種によって、システムがマッチしているか検討する必要があります。
例えば、美容室であれば、お店のコンセプトや雰囲気にとけ込めるタブレットタイプが向いているかもしれません。

常連のお客様情報は、POS レジの顧客管理機能を使うと便利です。お客様がいつどのサービスを使用したのかなどを記録できるため、髪をカットする頻度やコースから好みを知ることもできます。

事業の規模や広がりを考える

事業規模、また今後の広がりを考慮しましょう。
例えば、数年後に店舗を増やす、全国展開を視野に入れているという場合は、システムや機能が追加できる方が便利かもしれません。
ある程度、事業計画が立てられているようでしたら、POS レジ購入時の検討材料の 1 つに加えることをおすすめします。

まとめ

POS レジは金銭管理・在庫管理をしつつ、マーケティングにも活かせる便利なサービスです。今はアプリの登場により、導入コストも大幅に抑えることもできます。

必ずなくてはならないものではありませんが、導入することによって、業務を効率化できるかもしれません。

一度、検討してみてはいかがでしょうか?

クービック編集部

ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。