非対面型サービス導入支援事業~東京都内事業者は最大200万円の助成金を享受~

こんにちは!クービックのみゆきです😊

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための、外出自粛要請が解除される中、都内では感染者の増加がニュースとなっており、まだまだ油断はできない状況が続いております。

この数ヶ月で、人々の生活・サービスが変化し、ビジネスモデルの変化が求められる中、東京都の事業者を対象とした新たな助成金が発表されました。

本日は、注目の「非対面型サービス導入支援事業」についてご紹介します。

助成金の募集要項を見るのは面倒くさい。。。という方に向けて、要点をまとめて記載しますので是非ご参考ください✨

非対面型サービス導入支援事業とは?

対象となる事業者

都内の中小企業および個人事業主

※ 2020年 3月 31日現在、都内に登記簿上の本店又は支店があること

※ 2020年 3月 31日現在、対面型の事業を行っていること

助成内容

以下、非対面型サービス導入にあたり発生した経費を助成。

備品購入費

非対面型サービスの導入に直接必要な備品の購入(据付費・運送費も含む)に要する経費

例:パソコン、キーボード、マウスなど

備品リース費

非対面型サービスの導入に直接必要な備品のレンタル・リース(据付費・運送 費も含む)に要する経費

例:学習塾のオンライン配信事業に必要な機器のリースなど

委託・外注費

外部の事業者等に依頼する場合に要する経費

例:新規ECサイトを構築する際の委託費用、クラウドサービスの初期費用など

販売促進費

助成事業で実施する非対面型サービスの広報を目的とした外部委託費用

例:広告掲載、パンフレット・チラシ・ポスターの印刷費用など

助成対象となるサービス

まず、前提として以下 2 点の条件を必ず満たしている必要があります。

前提条件 1

2020年 3月 31日現在、東京都内で「対面型サービス」【顧客と直接顔を合わせて提供しているサービス】を行っていること

前提条件 2

2020年 3月 31日現在、「対面型サービス」で提供しているサービス・商品を活用して、5月14日以降に「非対面型サービス」【顧客と直接会わずに提供するサービス】を行うこと

非対面型サービス導入支援事業_対象サービス

上記2つを満たしていないと、対象外となりますのでご注意ください。

【助成対象となるサービス例】

・小売店が新規にECサイトでの販売を開始する

・ジムやスタジオがオンラインレッスンを開始する

・クリーニング店が自動受け渡しサービスのための設備を設置する

・有人レジをセルフレジに切り替える

・荷運びロボットを導入する

助成対象外となるケース

・2020年4月1日以降に創業した中小企業・個人事業主

・東京都外の中小企業・個人事業主

・社内会議のオンライン化

・一般社団法人や一般財団法人などの法人

・対面型サービスで提供しているサービス・商品を活用していない非対面型サービスの導入

 例:☓花屋がオンラインヨガ教室を始める場合

助成金額

助成限度額

200万円 (申請下限額 50万円)

助成率

助成対象経費の 2/3 以内

助成対象期間

助成対象期間:2020年5月14日~10月31日

受付期間と申込のスケジュール

2020年6月18日 (木) ~ 7月31日 (金)

非対面型サービス導入支援事業_受付期間と申込スケジュール

申込方法

申請は 郵送のみ です。7月31日 (金) 必着ですので、お早めにご対応ください。

申請書や郵送先は以下の東京都のサイトにてご確認ください。

公益財団法人東京都中小企業振興公社:非対面型サービス導入支援事業

まとめ

いかがでしたでしょうか?

助成金や補助金は募集要項が難しく、後回しにしてしまったり、諦めてしまったりしてしまいがちですが、事業を継続する上で大きな手助けになるかと思います。

本記事で少しでも「非対面型サービス導入支援事業」についてご理解いただけたのであれば幸いです✨

最後までご覧いただきありがとうございました!😊

最後に

助成金を活用してクービックのご導入を検討される方は、こちらからお問い合わせください📩

お問い合わせ