チラシの種類や価格は? おすすめのポステイング業者もご紹介

開業されたばかりの方にとって、集客は課題ではないでしょうか。

・チラシ?
・新聞広告? ネット広告?
・口コミ?
・レビューを書いてもらう?
・期間限定のキャンペーンをやる?
・24 時間予約が受付できることをアピールする?

・・・など、集客にも様々な手法があります。

今回は、「チラシ」についてだけでなく、チラシ配布をするならどの業者がいいのかをご紹介したいと思います。

チラシとは・・・

チラシはご存知の通り、お店の宣伝や商品の宣伝をする印刷物のことです。ビラやフライヤーとも言いますね!
配布するには、

・駅前・街頭で配布する
・個々の住宅、マンション、アパートなどの郵便受けに投函する(ポスティング)
・新聞に挟む(折込チラシ)
・タウンプラス
・店頭で渡す

の 5 種が主流かと思います。(ここでは、ネット広告、ネット配信は除外します!)

チラシ配布 5 種のメリット・デメリットは?

駅前・街灯でチラシ配布するメリット・デメリット

ターゲットを選んで配布することができるというのはメリットでしょう。例えば、A 駅のホットヨガのチラシを配布したいと思った時、A 駅前で 20 代〜50 代の女性にチラシを配布すると、A 駅周辺に住む 20 代〜50 代の女性にチラシを配布することができますよね。
デメリットは、大量に配布することができないことです。警察に配布の届出をすることも必要です。

※配布員の一日当たりの人件費=配布コストとなります。

個々の住宅、マンション、アパートなどの郵便受けに投函する(ポスティング)のメリット・デメリット

郵便ポストへの投函なので目立ちやすいというところがメリットです。配布エリア、配布部数を決めてポスティング会社に依頼をすれば、比較的多くのチラシを配布することが可能です。デメリットは、細かくターゲットを絞りきれない、ポスティング禁止の住宅・マンションには配布できない、家の中まで持ち込まれない可能性があるということです。

※ポスティング 1 枚あたり 1 円 ~ 5 円が相場のようです。 (冊子などは別/自社調べ)
※エリア、配布枚数、配布方法によって異なります

新聞に挟む(折込チラシ)のメリット・デメリット

新聞を購読する家族世帯、主婦、高齢者がターゲットの場合は効果が期待できます。一気にチラシを配ることができる、配布エリアを絞ることができる、確実に新聞購読世帯に届く、信頼感があるというところもメリットですね。デメリットは新聞購読層は限られる、他の折り込みチラシに埋もれてしまう可能性があるというところです。

※折込チラシ 1 枚あたり 3 円 ~ 5 円が相場のようです。
※エリア、配布枚数、配布方法によって異なります

タウンプラスのメリット・デメリット

宛名(顧客リスト)がなくても、指定したエリアの配達可能な全ての世帯・事業所などに届けることができるところがメリット。通常のポスティングでは入ることができない建物に入ることができます。デメリットは印刷込みなのでやや高めなこと。

※ 1,000 枚配布で1枚あたり 11 円です。配布枚数が多いほど 1 枚あたりのコストは低くなります

店頭で渡すチラシのメリット・デメリット

一度来店しているお客様なので、新規顧客の獲得は不可能です。(チラシがお友達紹介キャンペーンなどの場合は新規顧客獲得も可能です・・・!)よって、新商品、新サービス、リピーター獲得などの目的で配るチラシになります。

 

上記のようにチラシ配布方法にはいくつかあります。
業種やターゲット、予算などを考慮し、配布方法を選択していただければ良いかと思います。

さて、今回ですが、どの業者さんにお願いしたらいいのか分かりにくい! 個々の住宅、マンション、アパートなどの郵便受けに投函するポスティング配布業者のおすすめをご紹介したいと思います。

ポスティング業者の選び方

ポスティングで反響を得たいと誰しもが思うでしょうが、その際、どのポステイング業者を選ぶのかが大事になります。
ただ安い業者を選ぶのは危険です! きちんと配布されていない・・・というようなトラブルもあるそうです。
安いには理由があるので、その理由を確認してみてくださいね!

おすすめ! ポスティング業者 3 選

リアルメディアジャパン

「反響命」という言葉が印象的! で反響第一に考えてターゲットを絞り込み、チラシを丁寧にポスト投函してくれます。1 枚あたりのチラシ配布は、2.8 円とお手頃価格。低価格の理由は、ポステイングするのが全員自社スタッフであり、かつ、プロならではの配布テクニックがあるからのようです。
配布も納品翌日から可能で、配布報告もしっかりしてくれます!

トーカンエクスプレス

販売促進をサポートしてくれたり、様々な配布方法を提案してくれたりと寄り添ったサービスが好評。すべてのスタッフに GPS 端末の携帯を義務化されていて、配達報告も翌日に行ってくれます。

1 枚あたりのチラシ配布は、4.5 円〜です。
「併配」と呼ばれる最もリーズナブルなプランは 1 枚あたりのチラシ配布は 2.0 円〜。この場合、いつどこに配布されるかはお任せになります。

ラクスル

印刷+ポスティングを依頼できるので、印刷したい内容、デザイン、エリアが決まっていれば後はお願いするだけです。
24 時間注文を受付けてくれネット上で全て完結します。配布報告書にて、配布の詳細報告をしてくれます。

注意点としては、2 点あります。まず、配布エリア。
地図上でエリア選択をしますが、選択された全ての世帯に配布されるわけではありません。
全チラシの配布完了を確実に達成するために、配布部数は実際の世帯数の 7 割程度に設定されていて、エリアによっては実際の世帯数の 5 割程度になっている場所もあります。

また、日程を指定してのポスティングができないというところも注意点です。(例えば、明日、明後日にポスティングしたい場合や、何月何日〜何月何日の期間に配布してほしいという場合はラクスルではできません)

ラクスルは、印刷+配布で 1,000 部 1 万円からとなっています。印刷だけでいうとラクスルは安いですが、+配布となると少々お高めです。しかしながら、ラクスルは実績もあり信頼できるのでおすすめですよ!

いかがでしょうか?
チラシと言っても奥が深いですよね〜

「新聞折込」は高そうと思っていましたが、配布方法によってはポステイングの方が高かったり、「タウンプラス」なんて知らなかった! という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

とにかく、大切なことは、ターゲット、目的をしっかり定め、どの方法が一番効果がありそうなのかを見極めることです。

チラシを考えている方は、ぜひ、参考にしてみてください。

クービック編集部
ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

クービック編集部

ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。