Google Tag Manager とは?利用目的やメリットは?

今回は、ネットマーケティングにおいて非常に便利なサービスをご紹介します。
自社でウェブサイトを運営していると、ネット広告を出稿したりマーケティング用のツールを導入する際には、タグの設置が必要になります。
(タグの説明は後ほど・・・!)

特に、複数の広告媒体に出稿したりツールを導入する場合には、ウェブサイトに埋めるタグの管理が大変煩雑になります。また、新しくタグを設置したい時にも、エンジニアのリソースが限られていて、なかなか実装できないということも往々にしてあると思います。

そんなときは、「Google Tag Manager (グーグル タグ マネージャ)」というサービスを使うとタグの管理を簡単にしてくれ、マーケティングの自由度が上がります。しかも無料で利用できるんです!

Google Tag Managerとは?

Google Tag Managerとは、Googleが提供するツールで、様々なツールのタグを一元管理(タグマネージメント)できるのが大きな特徴です。無料で提供されており、誰でも使うことが出来ます。

主な使い方としては、Google Tag Manager のタグを設置し、Google Tag Managerの管理画面に Google Analytics(グーグル アナリティクス) や Google AdWords(グーグル アドワーズ: Google Googleが運営する広告主向けの広告出稿サービス) など他サイトで発行されたタグを登録すると、htmlの変更を行わずとも、管理画面内でタグの変更や更新などが可能になります。

※ Google Analyticsについては、こちらの記事を参考にしてください!

今までエンジニアなどの管理者に、都度依頼しなければタグの変更が出来なかったというケースはよくあります。
しかし、Google Tag Managerを使えば、htmlの変更が必要ないのでエンジニアに頼まずにタグの設置などが可能になります。

そもそもタグとは?

タグとは、アクセス解析ツールや広告効果測定ツールを始めとした、さまざまな機能をWebサイトに組み込むための html や JavaScript 形式のコードのことです。

例えば、アクセス解析ツールGoogle Analytics のトラッキングコード(タグ)などが当てはまります。

その他にも、マーケティング用のタグには、リスティングやアドネットワーク広告のコンバージョントラッキングやリターゲティング用のタグ、A/B テストや LPO(Landing Page Optimization : ランディングページ最適化) のためのタグなど様々なものが存在します。
それらを 1 つのタグにまとめて管理できるようにするのが Google Tag Manager です。タグマネジメントツールやワンタグと呼ばれることもあります。

タグを管理しないデメリットは?

特にタグを管理しなくても、直接ページにタグを挿入すれば、Web サイトにアクセス解析ツールなどを導入することは可能です。しかし、直接タグを挿入するデメリットもあります。

・タグを挿入する度にエンジニアへの依頼が必要
・タグの全体像の把握が難しい
・Webサイトが重くなる

などなど。

1 つのサイトにいくつものタグを挿入していると、場所もわからなくなるし、利用する機能によって挿入方法も違ってくるのでとにかく煩雑に・・・
加えて、タグの挿入が不適切だと、その機能を正しく利用できなくなります。

Google Tag Manager を使うメリット

Google Tag Manager を使うと主に以下のメリットがあります。

1. 複数のタグを 1 つにまとめるので、ウェブサイトへの導入は 1 回だけ
2. タグごとに ON/OFF を選択でき、タグの管理が簡単
3. エンジニアでなくてもタグの追加や削除が可能

また、ページごとにタグの出し分けを行ったり、実際に公開する前にプレビューでタグがちゃんと動作するかを確認することもできます。さらに、タグのかわりに SDK(Software Development Kit:ソフトウェア開発キット) を活用することで、モバイルのネイティブアプリにも対応しています。

ウェブサイトによっては、タグを数十個も設置しているところもありますが、これらの機能を使うと簡単に管理することができます。

タブマネジメントツールには、他にも「TAG エビス ( http://www.ebis.ne.jp/tag )」「ユニタグ ( http://www.unitag.jp )」「エコタグ ( http://www.eco-tag.jp )」など似たようなサービスがあります。それぞれ対応しているタグが違ったり、費用がかかる場合もありますので、利用目的に合ったものを選ぶと良いと思います。

いかがでしたでしょうか。
マーケティングにおいて大事なのは、自社のサービスについてよく理解し、お客様の動向を把握した上で、適切な手段を講じることですので、タグの管理などはこのようなツールで簡単に行い、それ以外の分析や施策の実行に時間をかけることをおすすめします。

クービック編集部
ヨガ・ピラティス・料理教室などのレッスン・スクール、美容院・マッサージなどのサロン、その他フリーランス、中小企業の経営者向けに開業・集客・運営・予約に役立つ情報を発信していきます。