【ヨガの独立・開業】ホットヨガスタジオのレッスンで得られる5つのメリット

独立・開業。とてもかっこいい響きですよね。
サラリーマンを辞め、ラーメン屋の店主として花開く人もいれば、システムエンジニアから一転してフリーのウェブデザイナーとして活動する人もいます。
ですが、独立してから長期にわたって活動ができる人と、残念なことに廃業に至ってしまう人もいます。
私はヨガスタジオに雇われる立場でレッスンをするヨガインストラクターでした。しかし、あることをきっかけにヨガスタジオの仕事をすべて辞め、「あなたのレッスンが受けたい」という人だけに教えるというスタンスで活動するようになりました。
もし、私が新米のうちに同じことをしようとしていたら、間違いなく大したことはできなかったでしょう。今こうやって記事を書かせていただけているのも、下積み経験があったからです。
「やるなら常温のヨガスタジオでやりたい。でも教える場所がない」と、踏み出せずにいたのなら、それはもったいないことです。
新米のヨガインストラクターが効率よく経験を積むには、ホットヨガスタジオでのレッスンをこなすことです。
どんなメリットがあるのか、ご紹介します。

世間のニーズを肌で感じられる

ホットヨガスタジオはヨガをやったことのない人が多く集まります。健康と美容を提供し、オシャレなイメージを強みとしたビジネスモデルが基本です。
そこに集まるのは仕事終わりの女性や子どもに手がかからなくなった主婦がほとんどです。彼女らのニーズを聞いてみると、ストレス解消のためだったり美容のためだったり、どれも現実的なものです。
ヨガというと精神修養のためとか、修行のように自らを高める・・・それはもう過去の話です。より現実的で自分に寄り添った問題を解決するためにヨガをする人が増えています。
独立後も、ホットヨガスタジオで学べた世間のニーズは役立つことでしょう。

養成講座の常識が通じないことを学べる

ヨガ講師養成講座が日本の各地で開催され、ヨガインストラクターになる道が広がりつつあります。養成講座ではどのように生徒を誘導し、ポーズをとらせ、安全にレッスンを運ぶのかを学びます。
そこで学ぶことは単にヨガの知識だけでなく、歴史や哲学といった奥深いものから、仲間との絆のようなものまで様々です。
しかし学校で習ったことが社会で役に立たないという経験は誰もがしていると思います。養成講座で習った通りにポーズを教えているのに、生徒の多くが教科書通りのポーズが取れない。あるいは養成講座のデモクラスでは通じていた言葉や説明が、まるで伝わっていなかったり。
養成講座を出たばかりのヨガインストラクターほど、理想と現場のギャップに苦しめられ、多くのことを学びます。それは独立前に必ず学んでおきたいことです。

ヨガ未経験者に多く出会える

ヨガ講師養成講座ではヨガ経験が長い人がほとんどで、ヨガインストラクターを目指すだけあり、それなりに習熟しています。しかし、ホットヨガスタジオに集まるのはヨガが初めての人も多くいます。
ヨガ未経験者は失敗もよくあります。ヨガインストラクターが「肘を持って」と説明したのに「膝を持ったり」します。経験がないのですから失敗するのは当たり前です!
そこで臨機応変な対応ができるようになっていけるかどうかで、今後のレッスンにも関わってきます。ヨガ経験者だけに教えられるのはとても光栄なことですが、それと同じように人生で初めてヨガに触れる方たちの「初めての先生」になれることはもっと光栄なことです
中には一生涯の付き合いとなる生徒さんもいます。そのようなチャンスがたくさん眠っていることを、覚えておいてください。

大人数相手にレッスンができる

独立し、イベントや単発のレッスンを開催すると思っていたよりも人を集めるのに苦労します。何もないところから 5 人集めるのと、すでにスタジオに通っている人を5人集めるのでは労力がまったく違います。
ホットヨガスタジオの強みは集客力です。スタジオが宣伝や広告をすることで多くの人を集めることが可能です。
集客力の高いスタジオではレッスンによっては 30 人は集めることができるようです。そのような大人数を相手に教えるのはベテランヨガインストラクターでも至難の技ですが、もしそういった経験ができるなら非常に大きなアドバンテージになります。
私はプライベートレッスンを中心にやっていて、グループレッスンとは方向性や技術が真逆ということにも気づきました。学べることも多くありますので、何回かはそういった経験をしておくといいでしょう。

場数を踏まないと得られないスキルを磨ける

ホットヨガスタジオは比較的、求人が出やすい職場です。理由は「暑い、きつい、安い」といったところから来るのでしょう。事実、大儲けできるような仕事ではありません。しかし場数を踏むことができるのは非常に大きなメリットです。10 年も多くのレッスンを持ち続けるのは苦行にも等しいですが、短期間だけならがんばれるのではないでしょうか。
私は駆け出しの頃に 3 年ほどで 350 本ほどのレッスンをすることができ、膨大な経験値を得ることができました。
いずれ独立・開業するならホットヨガスタジオに依存することは禁物ですが、修行期間と捉えたらワクワクしませんか?

 

思い込みで決めつけず、柔軟に活動の幅を広げるましょう。思ってもみなかった嬉しい結果につながることがあります。修行期間を「ここからここまで」と決めて、きっちりと独立の準備をすれば、成功する確率はグンと上がるはずです。まるで独立する前の寿司職人や板前のようですが、確実な方法です。

柏原ゆうた(かしわばらゆうた)
1991年10月4日生まれ 長野県大町市出身 大学在学中に解剖学、運動生理学、運動指導などを学ぶ。10歳でヨガに出会い、20歳のときにヨガ講師として活動を開始。誰にでも開かれた心優しいヨガの手法「ハートオブヨガ」を草の根レベルで伝えることをミッションにしている。動く​呼吸法の講座『呼吸は良薬』主宰。​

ABOUTこの記事をかいた人

柏原ゆうた(かしわばらゆうた)

1991年10月4日生まれ 長野県大町市出身 大学在学中に解剖学、運動生理学、運動指導などを学ぶ。10歳でヨガに出会い、20歳のときにヨガ講師として活動を開始。誰にでも開かれた心優しいヨガの手法「ハートオブヨガ」を草の根レベルで伝えることをミッションにしている。動く​呼吸法の講座『呼吸は良薬』主宰。​