【レッスン・イベント予約に】予約システムSTORES 予約 のキャンセル待ち機能の活用術!

予約システム STORES 予約 の便利な機能の一つである「キャンセル待ち機能」。この機能を利用した際、キャンセル待ちしているお客さまがいらっしゃると思いますが、そのキャンセル待ちのお客さまリストを有効活用できるとご存知でしょうか。

今回は、予約数アップが期待できる!予約システムSTORES 予約 のキャンセル待ち機能の活用術をご紹介したいと思います。

予約システム STORES 予約 について

既にご利用いただいている方は改めてになりますが、予約システム STORES 予約 についてまずはご説明します。

予約システム STORES 予約は誰でも簡単に無料から使える予約システムです。180以上の業種・業態に対応しており、一通りの予約業務に対応した予約管理機能があるだけでなく、顧客管理機能やSEO対策機能など集客機能も充実した、売上をあげる予約システムです。Google で予約Googleカレンダー連携Zoom連携機能といった便利な機能もたくさんあります!

予約システムについては「無料で簡単に作れる予約システム無料あり!予約システム比較15選の記事にも詳しくまとめていますのでこちらの記事を参考にしてください。STORES 予約 については「STORES 予約のメリット・デメリット」の記事や「予約管理を楽にする予約システム・ツール STORES 予約」の記事が参考になります。

サービス資料のダウンロードはこちら

キャンセル待ち機能とは

予約システム STORES 予約 の「キャンセル待ち機能」は、満席になった状態でもキャンセル待ちとして予約を受け付けることが可能になる機能です。

満席の状態から確定された予約がキャンセルされたり、または定員数を増やして残り枠を確保した場合に、キャンセル待ちを申し込んでいる顧客に空きが出たことを一斉にメールを配信して通知します。また、キャンセル待ちに登録されたお客さまに個別メールを送ることも可能です。

約は自動的に成立するのではなく、通知したメールを元にお客さま側で予約を行う必要があります。なお、こちらの機能はレッスン・イベントタイプの予約ページのみご利用いただけます。

さて、こちらの「キャンセル待ち機能」をご利用いただいているオーナーさまのなかで、「キャンセル待ちリスト」を活用されていない方も多いのではないでしょうか。「キャンセル待ちリスト」とは、名前通り、キャンセル待ちのお客さまリストですが、このリストは有効活用できるのです!実際の活用方法を以下でご紹介します。

「キャンセル待ちリスト」を活用しよう

「キャンセル待ちリスト」を使ってキャンセル待ちのお客さまへ積極的にアプローチすることによって、予約数アップが期待できます。

《キャンセル待ち関連のヘルプページもご覧ください!》
キャンセル待ち受け付けを設定したい
キャンセル待ちのお客様リストについて

1.次回の講座や他のおすすめ講座などを記載したメールを送ろう

お客さまがキャンセル待ちを登録する場合、メールアドレスの入力は必須となっています。
せっかくキャンセル待ちにご登録いただいたお客さまに、おすすめの講座や次回の予定などを記載いたメールを個別に送ってみましょう!そうすることで、今回キャンセルが出ず、レッスンや講座を受けられなかったとしても、別のレッスンや講座を受けてくれる可能性が出てきます。

キャンセル待ち登録する人はあなたの講座に興味があり、温度感が高い状態です。興味があるうちにメールを送ることで、他の講座や次回の講座を予約してくれる可能性がアップします。

2.キャンセル待ち特典として、次回使えるクーポン付や予約特典付きのメールを送ろう

「キャンセル待ち特典として、この画面を見せれば次回○○をサービスします!」などとメール内に記載し、次回使えるクーポン付のメールを送ってみてはいかがでしょうか。

前述したとおり、キャンセル待ち登録する人はあなたの講座に興味があるお客さまです。次回のレッスンや講座を予約する可能性がアップします!

まとめ

いかがでしょうか。ちょっとした工夫かもしれませんが、このちょっとした工夫が予約数アップの鍵となるかもしれません。

簡単に試していただけると思いますので、ぜひ、「キャンセル待ちリスト」をご活用ください。

予約システム「STORES 予約」についてはお電話でのお問合せも受け付けています!
TEL:03-6705-8497